公演詳細


研究公演 「御冠船踊と琉狂言」(おかんせんおどりとりゅうきょうげん)


日時

公演日:2018/02/10 (土)

開演時間:14:00
終演時間:16:05

会場 大劇場
入場料

3,100円

公演内容

 御冠船踊の踊番組等を紐解くと、節名(音曲名)と歌詞のみが記載され、現在では踊られていない演目が多く存在します。本公演ではそれらの演目の中から、過去に振り付けられた復曲作品3題と、今回新たに復曲する2題「二才踊」と「女踊」を男性舞踊家による舞台でお届けします。
 また、第二部では今日継承が途絶えている、琉球語によってつくられた狂言「琉狂言」の復曲を試みます。継承の途絶えた作品を今に蘇らせる大変貴重な公演です。どうぞご覧ください。


-演目-


【第一部】御冠船踊

◆若衆笠踊 
作舞/宮城能鳳
踊り手/東江裕吉・新垣悟

◆出砂
作舞/玉城千枝
踊り手/大浜暢明

◆團扇踊り
作舞/島袋光晴
踊り手/宮城茂雄

国立劇場おきなわ委嘱作品
◆二才踊一題
作舞/田口博章
踊り手/天願雄一・西門悠雅

国立劇場おきなわ委嘱作品
◆女踊一題
作舞/比嘉いずみ
踊り手/知花令磨・高井賢太郎・下地心一郎・岡本凌

[地謡]
歌三線/大城貴幸・平良大・和田信一・横山太陽
箏/池間北斗
笛/入嵩西諭
胡弓/新垣博史
太鼓/宮里和希


【第二部】琉狂言

解説/崎原綾乃

◆「科当」
演出/嘉数道彦
演技指導/仲嶺眞永・島袋光尋

[配役]
石川筑登之親雲上/大湾三瑠
妻/平田智之
松小/宇良佳祐
喜友名/島袋光尋
公事拝/仲嶺眞永
友女/阿嘉修
供/上原信次

◆「墨塗」
演出/嘉数道彦
演技指導/仲嶺眞永・島袋光尋

[配役]
山城筑登之親雲上/石川直也
かめちゃあ/髙宮城実人
供/玉城匠
つら小/上原信次

[地謡]
歌三線/平良大
笛/入嵩西諭
太鼓/久志大樹


※出演者等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

国立劇場おきなわチケットカウンター