ご案内

国立劇場おきなわ 組踊上演300周年 研究講座

1719年朝薫の舞台(全3回)

☆ 予約受付中 ☆

 
日 時
 
 
 
テーマ
 
 
講 師
 
令和元年9月11日(水) 19時~
 
「冊封全図」と「中山伝信録」
ー徐葆光が見た朝薫の舞台ー
 
 
  儒教と建築  / 森達也(沖縄県県立芸術大学全学教育センター教授)
  首里城の変遷/ 安里進(沖縄県立芸術大学附属研究所客員研究員)
  冠船踊舞台 / 茂木仁史(国立劇場おきなわ調査養成課課長)
 
会 場
国立劇場おきなわ 小劇場
定 員
 
  255名(要申込み・先着受付順)
 

受講料

 無料
内 容

 琉球国・首里城の御庭の舞台はどのようなものであったか、300年前に朝薫が作った舞台から1866年の最後の冠船の時の舞台まで、時代による変化も含めて考察します。

 

  【今後の予定】

  9/18(水) 『火花方日記』研究と復元

         琉球国で行われた花火について、「火花方日記」を中心に考察します。

         また、同時代の本土の花火と中国の花火と比較し、琉球の花火の特徴と

                    魅力を浮き彫りにします。

  9/25(水) シンポジウム:御冠船踊・演出の研究

         10月4日・5日に組踊公演で行う野外研究公演にかかわる考察です。

         琉球時代の芸能はどのような演出であったか、現時点で判明していることなどを

         明らかにします。

 

チラシ

 

公開講座チラシ