公演詳細


沖縄芝居公演 史劇「護佐丸と阿麻和利」(ごさまるとあまわり)


日時

公演日:2018/02/25 (日)

開演時間:14:00
終演時間:16:15

会場 大劇場
入場料

3,600円

公演内容

二人の武将の数奇な運命を描いた琉球史劇の傑作、「護佐丸と阿麻和利」を当劇場初上演!沖縄芝居界の重鎮から若手まで、人気俳優陣による迫力の舞台をお届けします。護佐丸の最後や屋慶名と鬼大城の対決、阿麻和利の最後など、見応えある名場面の数々をどうぞお楽しみください。


-演目-


史劇「護佐丸と阿麻和利」
原作/上間朝久
脚本/真喜志康忠
演出/平良進
演出助手/髙宮城実人

【あらすじ】
1458年に起こった「護佐丸・阿麻和利の乱」を題材にした芝居。第一尚氏王統6代の王尚泰久のとき、中部に新興勢力が起きる。勝連城主の阿麻和利である。その勢力を無視できなくなった泰久は、王女踏揚を降嫁させ懐柔する一方、勝連城と首里城の中間に位置する中城城に、忠臣護佐丸を配して牽制した。ある日、阿麻和利は泰久に護佐丸謀反と虚偽の報告をし、泰久は阿麻和利を討手として中城城を攻める。中城城は陥落。阿麻和利は次に首里城攻略を企てる。それを夫人の付人である鬼大城と夫人踏揚が察知し、夜、密かに首里城に通報するため逃亡する。首里軍は鬼大城を討手としてただちに阿麻和利一味に反撃。阿麻和利は鬼大城の手によって斬首され、一連の戦乱に終止符がうたれた。

[配役]
阿麻和利/神谷武史
屋慶名/宇座仁一
南風原/上原崇弘
護佐丸/東江裕吉
妻(うなじゃら)/花岡尚子
盛光/宮城茂雄
盛秋/金城真次
乳母(盛親)/知念亜希
ヤカ-/川満香多
踏揚/小嶺和佳子
乳母(踏揚)/中曽根律子
鬼大城/玉城盛義
尚泰久/仲嶺眞永
王妃/吉田妙子
金丸/当山彰一
花城/島袋光尋
知花/普久原明
山川/新垣正弘
名蔵/当銘由亮
真壁/天願雄一
湧久田/玉城匠
田名/大城常政
与那城/平田智之
平安名/石川直也
豊見山/岸本隼人
座喜味/池間隼人
若衆/平良芽美
船頭/伊良波輝人
亀ジャー/髙宮城実人
ウサ小/伊禮門綾
臣下/伊藝武士
臣下/島袋浩大

[地謡]
歌三線/新垣俊道・仲尾勝成
箏/池間北斗
笛/大城建大郎

※演目、出演者等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

国立劇場おきなわチケットカウンター