2020年12月公演一覧


前月公演一覧次月公演一覧

かりゆし芸能公演 島袋流千尋会  風とともに
貸劇場公演 【琉球舞踊】 本公演は終了しました。
日時 2020年12月04日(金)
19:00
入場料 前売(一般)2,000円(高校生以下)1,000円  当日 500円増
(島袋)090-5921-6318

芸歴80周年記念「志田房子の会ー舞ひとすじー」
貸劇場公演 【琉球舞踊】 本公演は終了しました。
日時 2020年12月04日(金)
19:00
入場料 前売 7,000円 当日 8,000円
「志田房子の会」公演事務局 http://choyoryu.com/contact/

島袋本流紫の会第21回定期公演「伝統の系譜」
貸劇場公演 【琉球舞踊】
日時 2020年12月05日(土)
14:00 
入場料 2,500円 
(島袋)090-3070-0890

島袋本流紫の会第21回定期公演「伝統の系譜」                            古典七踊りを観る 家元・会主の揃踏み 緩歩の美
貸劇場公演 【琉球舞踊】
日時 2020年12月05日(土)
18:00
入場料 3,000円
(島袋)090-3070-0890

三線音楽における新しいスタイルに向けての取りくみ
貸劇場公演 【音楽】
日時 2020年12月06日(日)
14:00
入場料 無料
(株)沖縄ハートス 080-6220-2769

【残りわずか!】組踊公演 「伊祖の子」
自主公演 【組踊】
日時 2020年12月12日(土)
14:00
入場料 3,200円 ※発売開始日:11月1日(日)
公演
内容
~お客様へのお知らせ~
新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、現在、左右一席空けての販売を行っておりますが、感染症対策の緩和が決定された場合は、販売せずに売り止めていた席の追加販売を行うことがございます。今後、座席販売状況の変更がある場合は、随時ホームページに掲載しますのでご確認ください。

========================
 継子いじめを背景に、親子の情愛を描いた世話物の組踊です。雪の降らない南の島で「雪」を舞台構成の主題とした珍しい設定となっており、同じ筋書きである組踊「雪払い」との違いも見どころです。平成20年に伝統組踊保存会で復活上演され、国立劇場おきなわでは初上演となる組踊「伊祖の子」をお楽しみください。


【あらすじ】
王命を受けて北山の風俗改めに行くことになった伊祖の子は、妻の乙樽(継母)と子どもの思鶴、亀千代を呼んで、留守中のことを頼んで出発します。しかし、乙樽は思鶴に雪の中で綛を掛けさせたり、降りしきる雪の中で庭の雪を払わせたりしていじめ、言いつけた事をやっていないと言って思鶴を叱りつけ、着物をはいで追い出してしまいます。雪の中、倒れている思鶴を弟の亀千代が見つけ、着物を着せて継母の許しを乞いますが聞き入れられず、思鶴はひとり雪の中に取り残されてしまいます。
 伊祖の子は、北山から帰る途中、寒さのために気を失っている思鶴を見つけて驚き、帰宅して乙樽を切り殺そうとしますが、子ども二人の嘆願で思い留まります。乙樽はこれまでの行為を反省し改心します。

【完売御礼】琉球舞踊公演 男性舞踊家の会
自主公演 【琉球舞踊】
日時 2020年12月19日(土)
14:00
入場料 3,200円 ※発売開始日:11月1日(日)
公演
内容
【完売御礼】 お陰様をもちまして、当公演チケットは完売となりました。御礼申し上げます。


~お客様へのお知らせ~
新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、現在、左右一席空けての販売を行っておりますが、感染症対策の緩和が決定された場合は、販売せずに売り止めていた席の追加販売を行うことがございます。今後、座席販売状況の変更がある場合は、随時ホームページに掲載しますのでご確認ください。

========================

琉球舞踊や組踊をはじめとした様々な舞台公演にて、活躍著しい中堅・若手の男性舞踊家が一堂に会し、魅力溢れる琉球舞踊の世界を披露します。本公演では、これまで流会派を越え多数の琉球芸能公演の制作に携わってきたフリージャーナリストの崎山律子氏による構成・演出のもと、打ち組み舞踊を中心とした演目でお届けします。

ワンボイス スペシャルライブ 『おじいとおばあの沖縄ロックンロール Vol.4』
貸劇場公演 【】
日時 2020年12月27日(日)
14:00
入場料 3,000円(前売り2,500円)
(ワンボイス事務局)098-860-9910