2022年12月公演一覧


前月公演一覧次月公演一覧

令和4年度 糸満市南山組踊保存会 初冬に唱える「執心鐘入」
貸劇場公演 【】 本公演は終了しました。
日時 2022年12月02日(金)
19:00
入場料 一般2,000円、高校生以下1,000円(当日500円増)
事務局:090-8292-2266

第12回 若手伝承者公演「手水の縁」
自主公演 【】 本公演は終了しました。
日時 2022年12月03日(土)
14:00
入場料 一般:2,000円 友の会:1,600円 学生割:1,000円(小中高大学等の学生)
公演
内容
国立劇場おきなわでは、琉球王国時代に創始された組踊の伝承者を養成するため、平成17年度から組踊研修を実施しています。研修期間は3年間で、これまでに第一期から第五期までの計48人が組踊研修を修了し、沖縄伝統芸能の舞台で活躍しています。
 平成23年度からは組踊研修修了生の技芸の向上を図るため既成者研修も実施し、若手伝承者公演(既成者研修発表会)を上演しています。

 第12回となる今年の若手伝承者公演(既成者研修発表会)には、組踊研修修了生24人が出演。出演者には、国立劇場おきなわ主催公演にて主役クラスを務めた経験のある者も多数おります。
 
 沖縄の伝統芸能、組踊の将来を担う若手伝承者達の舞台をどうぞお楽しみください。
国立劇場おきなわ調査養成課 098-871-3318

韓国文化の日 in 沖縄
貸劇場公演 【】 本公演は終了しました。
日時 2022年12月03日(土)
14:00
入場料 無料
098-866-2479(平日9~17時)沖縄県文化観光スポーツ部 交流推進課

沖縄復帰50周年記念・重要無形文化財保持者(人間国宝)認定記念「琉球舞踊 志田房子の会」
貸劇場公演 【】 本公演は終了しました。
日時 2022年12月04日(日)
17:00
入場料 前売7,000円 当日8,000円 □10月17日(月)午前10時よりチケット発売開始
沖縄タイムス社読者局文化事業部 098-860-3588(平日午前10時~午後5時30分)

民俗芸能公演 沖縄本島民俗芸能祭~南風原(ふぇーばる)の村遊(あし)び~
自主公演 【】
日時 2022年12月11日(日)
14:00
入場料 3,500円 ※発売開始日:11月1日(火)
公演
内容
南風原町の各字には、古くから伝わる災厄を払い清める獅子舞や舞方棒、旧暦八月十五夜の「村遊び」などで親しまれてきた舞踊や狂言、組踊が多数存在しています。それらは地域の人々の誇りとして代々継承されてきました。また近年では継承の途絶えてしまった演目の発掘と復活にも精力的に力を注ぎ、民俗芸能を通して他地域との文化交流も活発に行っています。今回は、魅力溢れる南風原町の貴重な芸能の中から厳選し、民俗芸能の持つ独特の味わいを存分にお楽しみいただきます。

令和4年度かりゆし芸能公演 琉球舞踊玉城流てだ・いずみ会 清輝清泉
貸劇場公演 【】
日時 2022年12月16日(金)
19:00
入場料 一般2,000円、大学生以下1,000円(当日500円増)
(事務局)090-8294-6628 080-6481-3931

組踊公演 「北山敵討」
自主公演 【】
日時 2022年12月17日(土)
14:00
入場料 3,500円 ※発売開始日:11月1日(火)
公演
内容
琉球王国時代から伝わる本作は、御冠船踊りでの上演を期に明治以降も芝居小屋で上演され、また、沖縄県の各地の村芝居でも演じられている人気の高い長編作品です。今回は指導に島袋光晴氏・中村一雄氏を迎え、台本の詞章や音曲を割愛することなく、国立劇場おきなわ自主公演として初めて全編通しての上演となります。ぜひ、この機会にお楽しみください。


真踊流佳喜の会 喜納幸子追善公演 ~恋し花染~
貸劇場公演 【】
日時 2022年12月17日(土)
17:00
入場料 一般5,000円(当日500円増)
真踊流佳喜の会(宮城)090-3324-9758

琉球舞踊公演~踊い継じ嬉しゃ~
貸劇場公演 【】
日時 2022年12月18日(日)
14:00
入場料 一般3,500円

宮廷音楽の祭典~雅楽と琉球芸能の邂逅~
貸劇場公演 【】
日時 2022年12月23日(金)
15:00(昼) 18:30(夜)
入場料
伶楽舎:info@reigakusha.com 東京コンサーツ:03-3200-9755