公演詳細


普及公演 組踊鑑賞教室 「花売の縁」(はなうりのえん)抜粋


日時

公演日:2015/11/10 (火)

開演時間:14:00
終演時間:

会場 大劇場
入場料

生徒1,000円、一般1,500円

公演内容

沖縄が世界に誇る伝統芸能「組踊」(ユネスコ無形文化遺産、国指定重要無形文化財)を気軽にお楽しみいただけるよう、人気がある古典組踊の中から「花売の縁(抜粋)」と組踊版「シンデレラ」をご覧いただきます。組踊を初めてご覧になる方にもおすすめの公演です。


-演目-


◆第一部 組踊版「シンデレラ」
脚本・演出:嘉数道彦 振付:知花小百合 音楽:花城英樹

【内 容】 
 誰でも知っている童話「シンデレラ」を組踊版に仕立て直し、 観客参加型で、組踊の歴史や約束事を学びつつ、組踊独自のストーリー展開を楽しく学ぶ入門編となっています。

【配役】
 魔法使い/玉城匠
 シンデレラ/上原美希子
 王子さま/川満香多        
 継母/知花小百合
 娘/岸本隼人・嘉数幸雅

◆第二部 組踊「花売の縁(抜粋)」
作/髙宮城親雲上 立方指導/島袋光尋 地謡指導/照喜名進
【あらすじ】
 首里の下級士族・森川の子は、色々な不幸が続き生計が立ちゆかなくなってしまったため、妻・乙樽と幼子・鶴松を首里に残し、単身で山原の大宜味へと出稼ぎ に出たきり音信不通となります。12 年の時が過ぎ、良家の乳母として働き安定した生活を得た乙樽は、成長した鶴松を連れ夫探しの旅に出ます。旅の道中、猿回しの芸を楽しみつつ、薪木取の老人 から夫の消息を聞いた母子は、田港村で花売に身をやつした夫と再開を果たします。森川の子は、落ちぶれた姿を見られた恥ずかしさで芦屋に隠れてしまいます が、乙樽の説得により心を開き、夫婦、親子の再会を歓び、ともに首里へと戻るのでした。

【配役】
 森川の子/石川直也
 乙鶴/田口博章
 鶴松/翁長俊輔(9・12・13日)、宇良佳祐(10日)、末吉凛(11日)
 猿引/山入端實
 猿/宇良佳祐(9・13日)、佐渡山詠(10日)、上原妃葵(11日)、松本晴菜(12日)

【地謡】
歌三線/花城英樹・玉城和樹・與那國太介  
箏/池間北斗
笛/入嵩西諭
胡弓/運天伊作
太鼓/久志大樹
    
【国立劇場おきなわ 鑑賞教室の3つのポイント】

①組踊専用舞台ならではの臨場感
 組踊専用のオープンステージ(張出舞台)で、臨場感あふれる舞台をご覧いただきます。

②鑑賞用解説書つき
 ご鑑賞の皆様に、イラスト入りでわかりやすい公演解説書を無料進呈いたします。

④字幕表示つき
 組踊は昔の沖縄の言葉で演じられますが、舞台両袖に標準語訳の字幕が表示されますので、劇中のセリフが分からない方でも物語の内容を充分にご理解いただけます。


※出演者等は都合により変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

国立劇場おきなわチケットカウンター
(国立劇場おきなわチケットカウンター098-871-3350)