公演詳細


開場5周年記念公演「能と組踊」


日時

公演日:2009/02/08 (日)

開演時間:14時
終演時間:16時30分

会場 大劇場
入場料

全席指定/4,000円

公演内容

国立劇場おきなわ開場5周年と、東京・国立能楽堂開場25周年を記念して、平成21年2月・3月に沖縄と東京で特別企画公演「能と組踊」を上演します。

組踊の創始者である玉城朝薫は、能をはじめとする本土の芸能を参考にして組踊を作ったと言われています。今回は、組踊と能の関連する演目を取り上げ、さらに沖縄では狂言も併せて上演します。

国立劇場ならではの充実した舞台をご覧能ください。


-演目-


組踊「女物狂」

指導/宮城能鳳

配役/盗人      大田守邦 

     男子      知花令磨

     母        宮城能鳳

     座主      赤嶺正一

     小僧一     宮城茂雄

     小僧二     新垣 悟

     童一      平良棟子

     童二      金城裕斗

     童三       平良駿弥    

地謡/歌・三線 西江喜春・仲嶺伸吾・花城英樹

     箏 宮里秀明    笛 宮城英夫

     胡弓 又吉真也   太鼓 比嘉 聰    

狂言(和泉流)「鐘の音」

シテ/太郎冠者  野村萬斎  

アド/主       高野和憲

能(観世流)「隅田川」

シテ/梅若丸の母   坂井音重

子方/梅若丸      観世喜顕

ワキ/渡守        宝生 閑

笛             一噌仙幸

小鼓           曽和正博

大鼓           柿原崇志

後見           観世恭秀・坂井音雅

地謡           観世銕之丞・浅井文義・岡久広・清水寛二

              坂井音隆・坂井音晴・武田文志・武田宗典

国立劇場おきなわチケットカウンター