公演詳細


組踊公演 「花売の縁」(はなうりのえん)


日時

公演日:2016/02/27 (土)

開演時間:14:00
終演時間:

会場 大劇場
入場料

3,100円

公演内容

髙宮城親雲上の作で、夫婦、親子の愛情を描いた人気のある作品です。薪木取の老人の語り口や猿引の猿回しの芸も、この作品でしか見られない場面です。家族の絆について考えさせられる見どころ満点の舞台をどうぞご堪能下さい。


-演目-


◆第一部◆ 琉球舞踊
 
「若衆こてい節」/城間菜月・新垣舞愛

「柳」/金城光子
 
「高平良万歳」/玉城侑香李

「鳩間節」/宮城昭博

「汀間当」/山田玲子

「加那よー天川」/池間隼人・山川昭子


◆第二部◆ 組踊「花売の縁」
 立方指導/赤嶺正一 地謡指導/島袋英治

【あらすじ】
首里の下級士族・森川の子は、色々な不幸が続き生計が立ちゆかなくなってしまったため、妻・乙樽と幼子・鶴松を首里に残し、単身で山原の大宜味へと出稼ぎに出たきり音信不通となります。
12年の時が過ぎ、良家の乳母として働き安定した生活を得た乙樽は、成長した鶴松を連れ夫探しの旅に出ます。旅の道中、猿回しの芸を楽しみつつ、薪木取の老人から夫の消息を聞いた母子は、田港村で花売に身をやつした夫と再会を果たします。森川の子は、落ちぶれた姿を見られた恥ずかしさで芦屋に隠れてしまいますが、乙樽の説得により心を開き、夫婦、親子の再会を歓び、ともに首里へと戻るのでした。
 
【配役】
森川の子/平田智之
乙樽/大湾三瑠
鶴松/島袋由妃
猿引/玉城匠
猿/宮城あこ
薪木取/赤嶺正一


【地謡】
第一部:(歌三線)城間盛久・玉城悟・大城聖

第二部:(歌三線)仲村渠達也・喜納吏一・仲尾勝成   

共通:(箏)宮城秀子 (笛)宮城英夫 (胡弓)新城清弘 (太鼓)國場秀治



※演目・出演者等は都合により変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

国立劇場おきなわチケットカウンター
(国立劇場おきなわチケットカウンター098-871-3350)