公演詳細


開場5周年記念公演「ベトナム宮廷音楽と御座楽の競演」


日時

公演日:2009/02/14 (土)

開演時間:14時
終演時間:16時

会場 大劇場
入場料

全席指定/3,500円 ※割引制度あります。

公演内容

今回は、ベトナムの古都フエに継承される宮廷音楽「ニャーニャック」をご紹介します。

フエは、ベトナムの中部に位置しベトナム最後のグェン王朝の都が置かれた町です。1945年に王朝が滅びた後、戦争などでニャーニャックは滅んでしまいますが、日本などの協力により国立フエ大学に宮廷音楽コースが設立され、2003年には、ユネスコ世界遺産にも登録されました。現在では、世界的にその価値が評価され地道な復興・継承活動が行われています。

また、宮廷音楽ニャーニャックは、中国文化の影響を受けたとされています。同様に中国から琉球に伝わった宮廷音楽が「御座楽」です。今回の公演では、中国からの影響を受けたとされる二つの宮廷音楽の競演を分かりやすい解説付きでお楽しみ下さい。


-演目-


第1部

1.御座楽による 舞踊「かぎやで風」
  解説~中国の影響を受けた宮廷音楽の個性~
2.御座楽 「相思病」「太平歌」「紗窓外」
  解説~ニャーニャック大合奏の個性と魅力
3.ニャーニャック
  大楽合奏「三輪九転」
  小楽合奏「五対上」「龍上」「小曲」
  大楽合奏メドレー「登壇單」


  第2部
1.宮廷舞踊
2.宮廷舞踊 
  解説~双方の楽器の紹介・沖縄のメロディー共演
3.ダンバウ(一弦琴)独奏
4.大楽(ケン・太鼓二重奏) 「馬舞」  他 
5.フエ歌謡 「四大景」
6.小楽合奏「十首連環」
7.大楽合奏「登壇宮」

 出演:フエ遺跡保存センター宮廷音楽合奏団
     御座楽復元演奏研究会
解説:徳丸吉彦(聖徳大学教授、放送大学客員教授)

国立劇場おきなわチケットカウンター