公演詳細


第56回公演記録鑑賞会 喜劇「鶴亀二児其ノ後ノ噺~続・二童敵討~」


日時

公演日:2019/06/12 (水)

開演時間:14:00
終演時間:

会場 小劇場
入場料

入場無料(要申込)定員255名

公演内容

第一部は、鬼才・嘉数道彦(国立劇場おきなわ芸術監督)が作・演出した、組踊パロディの大ヒット・シリーズ《其ノ後ノ噺》より、300年前に駿才・玉城朝薫が組踊創作第一弾として発表して一大センセーションを巻き起こした『二童敵討』の、その後の話を初上映します。
第二部では、本作品の演出・振付・音楽担当者による座談会を開催し、本作品に込められた想い、創作中のエピソードなどについて伺います。
300年の時を越えて、今完結する愛と野望の物語!!本作品の世界を存分にお楽しみください。


-演目-


【第一部】映像鑑賞 喜劇 「鶴亀二児其ノ後ノ噺~続・二童敵討~」(国立劇場おきなわ 2014年10月25日 公演収録を上映)

(あらすじ)
 組踊「二童敵討」の続編。あれから三十年余が過ぎ、舞台は、あまをへ(阿麻和利)三十三年忌。かつての供三人の前に、あまをへの霊が現れる。今では中年と化した鶴松・亀千代のもとへ連れて行けと頼むのだが・・・

【作・演出】
 嘉数道彦

【配役】
 鶴松/宇座仁一
 亀千代/石川直也
 あまをへ/髙宮城実人
 供一/花城英樹
 供二/玉城匠
 供三/佐辺良和

【地謡】
[歌・三線]玉城和樹・喜納吏一・平良大
[箏]池間北斗
[笛]入嵩西輸
[胡弓]森田夏子
[太鼓]久志大樹


【第二部】座談会 「鶴亀二児其ノ後ノ噺」の作・振付・音楽担当者たちによる座談会です。
(聞き手:茂木仁史)

 作・演出:嘉数道彦   振付:阿嘉修
   音楽:仲村逸夫

国立劇場おきなわチケットカウンター
(調査養成課 098-871-3318(平日10時~18時))