公演詳細


第57回公演記録鑑賞会 新作組踊「さかさま執心鐘入」


日時

公演日:2019/08/07 (水)

開演時間:14:00
終演時間:

会場 小劇場
入場料

入場無料(要申込)定員255名

公演内容

 第一部は、玉城朝薫作「執心鐘入」後日談となる、おもしろ新作組踊「さかさま『執心鐘入』」の舞台映像を上映します。
 第二部は、本作品の作・演出担当者による座談会を開催します。
 「執心鐘入」を知っている方も知らない方も楽しむことができる内容となっておりますので、奮ってご参加ください!


-演目-


【第一部】映像鑑賞 新作組踊「さかさま『執心鐘入』」(国立劇場おきなわ 2009年11月21日 公演収録を上映)

【あらすじ】
 執心鐘入の物語の後も、鬼女の恨みで寺の鐘が鳴る。座主は鐘の供養をするが、またも独りでに鐘が鳴る。すると、一人の娘が男に追われて寺に駆け込んでくる。
 座主と小僧たちは鐘の中へ娘を隠すのだが、追ってきた男とは・・・。
 もう一つの物語が今、始まる!

【作】
大城立裕
【演出】
嘉数道彦

【配役】
小僧1/東江裕吉
小僧2/宮城茂雄
小僧3/阿嘉修
座主/宇座仁一
女1/金城真次
女2/石川直也
中城若松/佐辺良和
玉城朝薫/大湾三瑠

【地謡】
[歌・三線]新垣俊道・仲村逸夫・崎濱秀貴
[箏]久貝栄貴
[笛]入嵩西諭
[胡弓]森田夏子
[太鼓]宮里和希


【第二部】座談会「さかさま『執心鐘入』」を手がけたお二人にお話を伺います。
(聞き手:茂木仁史)

作:大城立裕 演出:嘉数道彦

国立劇場おきなわチケットカウンター
(調査養成課 098-871-3318(平日10時~18時))