公演詳細


沖縄芝居公演 「恐ろしき一夜」「朝顔夕顔」(おきなわしばいこうえん おそろしきいちや あさがおゆうがお)


日時

公演日:2024/07/14 (日)

開演時間:14:00
終演時間:16:00

会場 大劇場
入場料

一般3,700円 ※発売開始日:6月1日(土)

チケット購入
公演内容

沖縄芝居が二本立てになった公演です。
第一部では、組踊「執心鐘入」を題材に真境名由康が戦前に生み出した歌劇「恐ろしき一夜」を、第二部では、北谷言葉の台詞が味わい深い大宜見小太郎作「朝顔夕顔」を上演します。
歌劇・台詞劇それぞれの魅力をお楽しみください。


-演目-


【第一部】

一、舞踊「鷲の鳥」
廣山えりか 奥平由依
宮﨑花澄 仲宗根朝子
平田晴香

二、舞踊「南洋浜千鳥」
赤嶺啓子

三、時代歌劇「恐ろしき一夜」
(一名:安里アン小)
作 :真境名由康
演出:金城真次

幸地虎寿 :平敷勇也
安里アン小:仲嶺夕理彩
虎寿の父 :具志幸大
虎寿の許婚:宮﨑花澄
親戚   :奥平由依 廣山えりか
      仲宗根朝子 
下男 太良 :堀川裕貴
下男 次良 :玉城匠平田晴香
和尚   :東江裕吉



【第二部】

四、舞踊「日傘踊り」
久米ひさ子

五、時代明朗劇「朝顔夕顔」
作 :大宜見小太郎
演出:金城真次

太良    :上原崇弘
ウサ小    :入福浜天乃
太良の母  :伊禮門綾
ウサ小の父 :嘉数道彦
首里の里之子:髙井賢太郎
総聞    :東江裕吉
村頭    :金城真次
次良     :平敷勇也
マチャー  :新垣正弘
マチャーの妻:赤嶺啓子
娘     :奥平由依
二才    :堀川裕貴
美童    :廣山えりか 仲嶺夕理彩
       宮﨑花澄 仲宗根朝子
       平田晴香
亀謝    :宇座仁一
亀謝の妻  :髙宮城実人


<地謡>
【歌三線】仲村逸夫 波平宇宙
【箏】糸数成美
【笛】入嵩西諭


※演目・出演者等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

関連情報

国立劇場おきなわチケットカウンター