公演詳細


【平成22年度(第65回)文化庁芸術祭主催】 アジア太平洋地域の芸能 「ベトナム、韓国、琉球・沖縄の獅子舞」


日時

公演日:2010/10/03 (日)

開演時間:14時
終演時間:

会場 大劇場
入場料

3,500円

公演内容


-演目-


◆琉球・沖縄「当間の獅子舞」
出演/南城市大里字当間伝統芸能保存会
270年余の歴史を持ち、疫病からの厄払いが起源とされる当間の獅子。琉球を訪れた冊封使の賞賛を受けたとされ、旧暦七月のヌーバレーと旧暦八月十五夜の豊年祭に奉納する勇壮な舞をご紹介します。


◆琉球・沖縄「毬舞」
出演/琉球舞踊かなの会、南城市佐敷字津波古獅子蹴跳(舞)保存会、八重瀬町志多伯獅子舞・棒術保存会 
琉球王朝、中秋の宴において冊封使を歓待する際に披露されたとされ、『中山伝信録』に記述される獅子の芸能を想定復元した「毬舞」をご紹介します。


◆韓国 「水営野遊」(スヨンヤリュ)
出演/水営野遊保存会(スヨンヤリュホゾンカイ)【大韓民国釜山廣域市】 
200年余の歴史を持つ支配層を揶揄する内容の風刺劇。「獅子舞の場」では、獅子と虎との戦いが勇壮に表現され、今回は全四場から名場面をご紹介します。


◆ベトナム「テトの獅子舞」
出演/衡英堂龍獅藝術團(ハンアンドンリュウシゲイジュツダン)
   【ベトナム社会主義共和国ホーチミン市】
旧正月、ベトナム各地で厄払いとして町中を巡り披露される獅子。中でも、テトの獅子舞は激しく軽快な曲技が見どころとされます。ベトナム南北の獅子が宙を舞う大迫力の演舞をお楽しみください。


※出演団体等は都合により変更になる場合がございます。
 予めご了承ください。

国立劇場おきなわチケットカウンター