公演詳細


普及公演「生徒のための組踊鑑賞教室 二童敵討」


日時

公演日:2010/11/18 (木)

開演時間:10時30分・14時
終演時間:

会場 大劇場
入場料

生徒500円 一般1,500円

公演内容

 沖縄の伝統芸能である「組踊」を気軽に楽しんでいただけるよう、組踊演者が実演を交えてご紹介する解説「組踊の楽しみ方」と、組踊を代表する名作「二童敵討」をご覧いただきます。
 組踊を初めてご覧になる方にもおすすめの公演です。


-演目-


第1部
1.解説「組踊の楽しみ方」
 案内役/嘉数道彦

2.琉球舞踊「瓦屋」
踊り手/高嶺美和子

第2部
組踊「二童敵討」
組踊の創始者、玉城朝薫作。1719年初演。

【立方指導】眞境名正憲
【地謡指導】西江喜春

〔あらすじ〕
 阿麻和利(あまおへ)は、天下を取るため、じゃま者であった護佐丸(ぐさまる)を攻め滅ぼします。残された護佐丸の息子・鶴松(ちるまち)と亀千代(かじみゅう)は、父の敵である阿麻和利を討つため、踊り子に身をやつし、野遊びをしている阿麻和利一行に近づき仇討ちのチャンスを狙います。


【配役】
鶴松/佐辺良和  亀千代/宮城茂雄
母/新垣悟    あまおへ/川満香多
供一/石川直也  供二/平田智之
供三/上原信次 

【地謡】
歌・三線/上原睦三・玉城和樹・横目大哉
箏/名護みのり
笛/入嵩西諭
胡弓/與那國太介
太鼓/横目大通



~~鑑賞教室の4つのポイント~~

1.組踊の演者による解説
 組踊演者による実演を交えた解説で、組踊の歴史や小道具、演出等から伝統芸能の世界を興味深く紹介します。

2.組踊専用舞台ならではの臨場感
 国立劇場おきなわの組踊専用オープンステージならではの、臨場感ある舞台をご覧いただけます。

3.イラスト入り解説書つき
 ご鑑賞のみなさまに、イラスト入りで分かりやすい公演用解説書を無料で進呈いたします。

4.字幕表示
 組踊は琉球方言で演じられます。劇中のセリフが分からない方でも、舞台両袖に標準語訳の字幕が表示されるので十分お楽しみいただけます。

国立劇場おきなわチケットカウンター