公演詳細


企画公演 「文楽公演」 夜の部 ~ 景事・時代物 ~


日時

公演日:2012/02/25 (土)

開演時間:18時30分
終演時間:

会場 大劇場
入場料

一般:3,500円(全席指定)  昼夜通し券:5,000円

公演内容

= 人形浄瑠璃文楽(ユネスコ無形文化遺産)が、国立劇場おきなわの舞台に初登場! =
出演者によるわかりやすい解説付きで、初めてご覧になる方でも十分にお楽しみいただける公演です。
夜の部では、景事と呼ばれる舞踊劇から「団子売」を、時代物のなかから歌舞伎でも有名な「摂州合邦辻」をご覧いただきます。
世界でも類い希な大人が楽しむ人形芝居・人形浄瑠璃文楽の、義理と人情の世界をご堪能ください。


-演目-


【夜の部】 ~ 景事・時代物 ~


■ 解説「文楽へようこそ」

 三業と呼ばれる、大夫・三味線弾き・人形遣いが一体となって創りあげる文楽の世界。出演者による実演を交えた解説で、演目のあらすじを中心に文楽の魅力をわかりやすくご紹介します。

 
■ 「団子売」(だんごうり)

 団子売の夫婦が団子を売り歩く姿を舞踊にしたものです。仲の良い夫婦が、新年を寿ぎ、餅をつき、めでたい唄にあわせて軽妙な踊りを披露する、軽やかで彩りあふれる縁起のいい一幕です。


■ 「摂州合邦辻 -合邦住家の段-」
  (せっしゅうがっぽうがつじ -がっぽうすみかのだん-)

 河内の大名高安左衛門の後妻・玉手御前は、継子である俊徳丸に、道ならぬ恋心をいだきます。俊徳丸を許婚の浅香姫から奪うため、玉手は俊徳丸に毒を盛り醜い顔に変えてしまいます。醜い我が身を恥じて玉手の実家である合邦の家に隠れた俊徳丸に、変わらぬ愛を誓う浅香姫。嫉妬に狂った玉手は、恋敵である浅香姫をののしり、髪を掴んで引き回し、執拗に打ち付けるのですが・・・。実は、玉手のこの狂った所行には、お家騒動を巡る玉手の真意が隠されていたのでした。
 嫉妬に乱れ狂う玉手御前の激しさや、最後に待ちうけるドンデン返しなど、観どころ聴きどころ満載の時代物の名作です。

※配役は、チラシをご参照ください。出演者は都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。

国立劇場おきなわチケットカウンター