公演詳細


企画公演 「島の歌・故郷の歌 チコンキーふくばるの足跡から」


日時

公演日:2009/09/12 (土)

開演時間:14時
終演時間:

会場 大劇場
入場料

3,000円

公演内容

近代琉球民謡の祖といわれる通称「チコンキーふくばる」こと普久原朝喜。
その足跡から、沖縄を離れ故郷を懐かしむ人々を癒し、励ました「島の歌、故郷の歌」を紹介します。


-演目-


第1部 島の歌
ハンタ原
無情の唄
新昭和節
下千鳥
白骨節
遊びションガネー
宮古ンニ小

第2部 故郷の歌
入営出船の港
布哇節
移民小唄
通い舟
物知り節
新宮古節
田舎乙女
踊い天川節・アッチャメー
懐かしき故郷

出演
神谷幸一
金城恵子
金城実
具志堅京子
国吉真勇
田場盛信
玉城一美
名護良一
山里ユキ
髙宮城実人
祖慶しのぶ
知名剛史
山城亜矢乃
芝居塾ばん
(案内役)北村三郎

●チコンキーふくばる
普久原朝喜(1903年~1981年)
旧越来村(現・沖縄市)照屋の生まれで三線の名手として知られる。
出稼ぎに出た大阪で1927年、マルフク・レコードを設立。そのため”チコンキーふくばる(蓄音機の普久原)”と呼ばれ、親しまれた。
作詞・作曲・レコード制作を手がけ代表作に「ハンタ原」「移民小唄」「懐かしき故郷」などがある。

国立劇場おきなわチケットカウンター