公演詳細


組踊公演「束辺名夜討」


日時

公演日:2009/10/17 (土)

開演時間:14時
終演時間:

会場 大劇場
入場料

3,000円

公演内容

束辺名按司を討つため、忠臣高良の比屋が考えた一計とは。
出演者も多く、華やかな仇討ちの組踊。


-演目-


第1部 琉球舞踊
冊封使歓待の「御冠船舞踊」の様式で若衆踊、女踊、二才踊をご覧いただきます。

1.かぎやで風(かじゃでぃふう)
 踊り手/大城ナミ・湧川洋子
2.若衆鞨鼓躍り
 踊り手/棚原由里子・比嘉なつき・宮城律子・普久原初美・普久原郁美
3.本貫花(むとぅぬちばな)
 踊り手/根路銘広美・宮城能香
4.麾(ぜい)
 踊り手/永吉静子・比嘉幸子
5.本嘉手久(むとぅかでぃく)
 踊り手/嘉手苅幸代・宮城能麗

第2部 組踊「束辺名夜討」
立方指導:瀬底正憲 地謡指導:西江喜春

〔あらすじ〕
束辺名の按司は野心家で、兼城按司を夜襲かけて殺してしまう。
忠臣高良の比屋は、知名の比屋にかくまわれている兼城の若按司を訪ね、一緒に戸口の子のもとに逃げる。
その後、知名の比屋が束辺名の按司に捕らえられたのを知り、高良の比屋と兼城若按司は知名の息子亀千代たちと一計を案じて束辺名の按司の軍勢を津堅島へとおびき寄せ・・・。

〔配役〕
高良の比屋・・川満香多
兼城若按司・・佐辺良和
供・・・・・・呉屋智
知名の比屋・・赤嶺正一
同人妻・・・・海勢頭あける
亀千代・・・・宮城茂雄
波平の比屋・・嘉手苅林一
平田大主・・・金城陽一
上里の子・・・山入端實
福地の子・・・儀保政彦
渡口の子・・・平田智之
乙樽・・・・・真境名律弘
虎千代・・・・嘉数道彦
乙鶴・・・・・新垣悟
玉井・・・・・親川良信
門番・・・・・神谷清一
束辺名の按司・宇座仁一
夜廻り1・・・前當正雄
夜廻り2・・・具志堅朝堅
きゃうちゃこ持ち・宮城昭博

〔地謡〕
歌・三線/新垣俊道・国吉啓介・上原睦三・花城英樹
箏/宮里秀明  笛/宇保朝輝
胡弓/金城裕幸 太鼓/金城盛松

国立劇場おきなわチケットカウンター