公演詳細


国立劇場おきなわ 若手伝承者第2回発表会 組踊「手水の縁」


日時

公演日:2012/12/15 (土)

開演時間:14:00
終演時間:

会場 大劇場
入場料

一般:2,000円、友の会:1,600円

公演内容

国立劇場おきなわでは、沖縄伝統芸能である「組踊」を保存継承することを目的に、平成17年から組踊研修を実施しており、これまで第1期、第2期の修了生を送り出しています。彼らは現在、若手組踊伝承者として国立劇場おきなわをはじめ数多くの舞台で活躍しています。今回、修了生たちの日ごろの修練の成果を発揮する場として国立劇場おきなわ若手伝承者発表会を開催させていただきます。熱い情熱を持ち、組踊の将来を担う彼らの舞台にどうぞご期待下さい。


-演目-


≪琉球舞踊≫
 「女特牛節(いなぐくてぃぶし)」
  ◇踊り手◇ 金城真次(一期生)、玉城匠(二期生)、西門悠雅(二期生)

≪琉球古典音楽斉唱≫
 「辺野喜節(びぬちぶし)」
 「出砂節(いでぃすぃなぶし)」

≪組踊≫
 「手水の縁(てぃみじぬゐん)」立方指導:宮城能鳳 地方指導:照喜名朝一

 ◇あらすじ◇
波平大主の一人子山戸は、波平玉川で髪を洗う美しい娘玉津に一目惚れします。山戸は、玉津に手に水を汲んで飲ませて欲しいと言い寄ります。断る玉津でしたが、山戸の情熱にうたれ二人は恋仲になります。ある夜、山戸はひそかに玉津のところへ忍び入ったところを門番に見つかってしまいます。二人の仲を知った玉津の父は、家来に娘玉津の処刑を命じるのでした・・・

 ◇配役◇
  山戸・・・・・・・・・・岸本隼人(二期生)
  玉津・・・・・・・・・・田口博章(二期生)
  志喜屋の大屋子・・・・・天願雄一(二期生)
  山口の西掟・・・・・川満香多(一期生)
  門番・・・・・・・・・・玉城匠(二期生)
  後見・・・・・・・・・・西門悠雅(二期生)

 ◇地方◇
【歌三線】仲村逸夫(一期生)、新垣俊道(一期生)、玉城和樹(一期生)、大城貴幸(二期生)、
     仲村渠達也(二期生)、喜納吏一(二期生)、平田旭(二期生)
【箏】久貝栄喜(一期生)、池間北斗(一期生)
【笛】入嵩西諭(一期生)
【胡弓】森田夏子☆
【太鼓】久志大樹☆
☆は賛助出演者


※演目・出演者は都合により変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【字幕表示有り】

国立劇場おきなわチケットカウンター
(国立劇場おきなわ調査養成課)