公演詳細


普及公演 「親子のための組踊鑑賞教室『銘苅子』」


日時

公演日:2013/08/10 (土)

開演時間:14:00  終演予定時間16:00
終演時間:

会場 大劇場
入場料

親:1,000円、子:500円、一般:1,500円 (全席指

公演内容

第一部では、沖縄が世界に誇る伝統芸能「組踊」(ユネスコ無形文化遺産、国指定重要無形文化財)の楽しさや鑑賞のポイントを、初めて見る方にもわかりやすく解説いたします。
第二部では、組踊の創始者・玉城朝薫(たまぐすくちょうくん:1684~1734)の作品の中から、親子の深い情愛を描いた「銘苅子(めかるしー)」をご覧いただきます。


-演目-


■第一部 解説「組踊の楽しみ方」
 案内役/知花小百合

■第二部 組踊「銘苅子」 作=玉城朝薫

【あらすじ】
ある日、農夫の銘苅子は、天女が泉で髪を洗っているのをみつけます。その美しさに心を奪われた銘苅子は、天女の羽衣を隠してしまいます。羽衣がないと天界に帰れない天女は、しかたなく銘苅子と夫婦になります。二児の母となり幸せに暮らしていた天女でしたが、ある日、子供らの歌から羽衣のありかを知ってしまい、天界に帰ることとなります。羽衣を身にまとった天女は、泣き叫ぶ子供らを見おろしながら、つらく悲しい気持ちで天へと舞い昇っていくのでした。

 立方指導=親泊久玄  地謡指導=比嘉康春

【配役】
 天女/田口博章
 銘苅子/親泊邦彦
 おめなり/伊禮凜音
 おめけり/島袋由妃
 首里の上使/石川直也
 供一/岸本隼人
 供二/宮里光也
 きやうちやこ持ち/山城崚称

【地謡】
(歌・三線)仲村逸夫・喜納吏一・仲村渠達也
(箏)池間北斗
(笛)入嵩西諭
(胡弓)玉城和樹
(太鼓)久志大樹

組踊鑑賞教室の4つのポイント

①実演を交えた解説
 組踊の上演に先立ち、案内役が組踊の歴史、音楽、場面などを説明し、組踊の楽しさや観賞のポイントを、実演を交えてわかりやすくご紹介します。

②組踊専用の舞台
 組踊専用のオープンステージ(張出舞台)で、臨場感あふれる舞台をご覧いただきます。

③イラスト入り解説書
 ご鑑賞の皆様に、イラスト入りでわかりやすい公演解説書を無料で進呈いたします。お子様にも楽しんでいただけるよう、解説書には全てふりがなをつけています。

④標準語訳の字幕表示
 組踊は、昔の沖縄の言葉で演じられます。舞台の両サイドに標準語訳の字幕が表示されますので、劇中のセリフの意味がわからない方でも、物語の内容を十分にご理解いただけます。

※出演者等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください


<--- 夏休み恒例! 親子劇場探検ツアーの参加者募集!! --->

「親子のための組踊鑑賞教室『銘苅子』」チケット購入者限定!
 7/31(月)-8/4(日) 10:00~12:00 (各回定員40名)
普段は見る機会がない劇場裏側の見学や組踊ワークショップを体験する毎回大好評の企画です。
夏休みの思い出に、学校の自由研究に、親子で劇場探検ツアーに参加してみませんか。
※参加申込(7/1受付開始)が必要です。定員に達し次第受付終了。
※詳細はチケットカウンター(098-871-3350)まで。

国立劇場おきなわチケットカウンター
(国立劇場おきなわチケットカウンター:098-871-3350)