10月普及公演 組踊鑑賞教室「執心鐘入」

 

 

 

組踊鑑賞教室「執心鐘入」
 令和2年10月31日(土) 14:00開演  大劇場
一般:2,100円 高校生以下:1,000円
チケット発売開始 令和2年9月1日(火)
友の会会員は令和2年8月31日(月)】 
 
 ※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、左右一席ずつ間隔を空けて座席を販売いたします。
 
 
-演目-
 
【第一部】 
「組踊の楽しみ方」
案内役 : 上原 崇弘・比嘉 克之
 
【第二部】
組踊「執心鐘入」
立方指導 : 嘉手苅 林一
地謡指導 : 銘苅 盛隆
 
【あらすじ】
中城若松という美少年が、首里王府へご奉公に行く途中、ある一軒家に一夜の宿をお願いします。宿の女は、親が留守だからと断りますが、男が若松だと知ると、態度を一変させて宿を貸します。
女は、若松に言い寄りますが、若松は断ります。若松はいたたまれなくなり、末吉の寺に駆け込み救いを求めます。女は、必死になって若松を追い、寺へとやって来ます。しかし若松が見つからないためとうとう鬼女へと変身します…。

【配役】
中城若松   : 佐辺 良和
宿の女    : 東江 裕吉
座主     : 川満 香多
小僧一    : 知花 令磨
小僧二    : 嘉数 幸雅
小僧三    : 髙井 賢太郎
鬼女(鐘入) : 岡本 凌
 
【地謡】 
(歌三線) 新垣 俊道 崎濱 秀貴 徳田 泰樹
(箏) 新垣 和代子
(笛)大城 聖 
(胡弓)伊禮 薫
(太鼓)宮里 和希
 
※演目・出演者等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

 

 

 
   【ご予約・お問合せ】国立劇場おきなわチケットカウンター
    TEL.098-871-3350 
     (窓口/10時~18時 電話/10時~17時30分)