組踊公演一覧


1件 ~ 20件 (352件) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >

組踊公演「銘苅子」「女物狂」
自主公演 【組踊】
日時 2024年05月11日(土)
14:00
入場料 一般3,700円
公演
内容
組踊の祖・玉城朝薫の朝薫五番から「銘苅子」と「女物狂」の2本をお届けします。
組踊の世界を存分にお楽しみください。

企画公演 組踊・歌劇 傑作選 「執心鐘入」「薬師堂」
自主公演 【組踊】 【沖縄芝居】
日時 2024年03月17日(日)
14:00
入場料 4,200円 ※発売開始日:2月1日(木)
公演
内容
開場20周年記念公演の締めくくりに、これまで愛されてきた組踊と歌劇の中でも名作と名高い作品を、2日間にわたり4作品上演いたします。
17日(日)は、第一部で、玉城朝薫の五番の中でも人気の高い組踊「執心鐘入」を、第二部では、多くの歌劇を生み出した伊良波尹吉の名作の中から「薬師堂」を上演します。

★国立劇場おきなわ友の会会員限定観劇ラリー対象公演

企画公演 組踊・歌劇 傑作選 「花売の縁」「泊阿嘉」
自主公演 【組踊】 【沖縄芝居】
日時 2024年03月16日(土)
14:00
入場料 4,200円 ※発売開始日:2月1日(木)
公演
内容
開場20周年記念公演の締めくくりに、これまで愛されてきた組踊と歌劇の中でも名作と名高い作品を、2日間にわたり4作品上演いたします。
16日(土)は、第一部で、親子の絆や人情を美しく描いた組踊「花売の縁」(作:高宮城親雲上)を、第二部では、悲恋物の代表的な作品として人気の歌劇「泊阿嘉」(作:我如古弥栄)を上演します。

★国立劇場おきなわ友の会会員限定観劇ラリー対象公演

一般社団法人伝統組踊保存会 定期公演「忠臣義勇」
貸劇場公演 【組踊】
日時 2024年03月10日(日)
14:00
入場料 3,000円(当日500円増)
098-878-2001(事務所 平日11時~15時) / 080-2115-9794(11時~18時)

第七期組踊研修生第2回発表会  組踊「二童敵討」
自主公演 【組踊】
日時 2024年03月07日(木)
18:30
入場料 無料 ※整理券の配布は終了しました。
公演
内容
将来の組踊の伝承者を養成するため、国立劇場おきなわでは組踊研修を実施しています。

今年度から第七期の組踊研修がスタートし、9名が研修に励んでいます。

 これまでの研修成果を披露するために発表会を開催いたします。第七期組踊研修生第2回発表会を、ぜひ劇場でご覧ください。

三線音楽公演 名人たちの歌情け
自主公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2024年02月17日(土)
14:00
入場料 3,700円 ※発売開始日:1月4日(木)
公演
内容
民謡界の重鎮5名に焦点を当てた独唱あり共演ありの豪華な演奏で国立劇場おきなわの開場20周年を祝います。
重厚で巧みな三線の演奏と共に、長い芸歴の中で培われてきた味わい深い歌声が響き渡る民謡の世界をたっぷりとお楽しみください。

★国立劇場おきなわ友の会会員限定観劇ラリー対象公演

令和5年度かりゆし芸能公演 新作組踊「春夜の夢~牡丹亭の梅と柳~」
貸劇場公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2024年01月26日(金)
19:00
入場料 一般:2,000円  高校生以下:1,000円  ※全席自由:当日各500円増
090-3792-1486   国立劇場おきなわチケットカウンター:098-871-3350

企画公演 開場20周年 祝いの宴
自主公演 【組踊】 【琉球舞踊】 【音楽】 本公演は終了しました。
日時 2024年01月13日(土)
14:00
入場料 4,200円 ※発売開始日:12月1日(金)
公演
内容
開場20周年を彩る、祝賀の舞台をお届けします。
第一部では、20年前の開場記念公演でも演じられた「神歌(おもろ)・こねり」と「入子躍」、人間国宝の宮城幸子と志田房子による祝儀舞踊「かぎやで風」、さらに城間德太郎、西江喜春、中村一雄、大湾清之、比嘉聰ら人間国宝を中心とした豪華出演者による古典音楽斉唱をお楽しみ頂きます。第二部では、開場20周年を記念した新作組踊「祝寿の舞」を初上演いたします。

★国立劇場おきなわ友の会会員限定観劇ラリー対象公演

第13回若手伝承者公演(組踊既成者研修発表会)組踊 賢母三遷の巻
自主公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2023年11月25日(土)
14:00
入場料 一般:2,000円 友の会:1,600円 学生割:1,000円(小中高大学等の学生)
公演
内容
 国立劇場おきなわでは、琉球王国時代に創始された組踊の伝承者を養成するため、平成17年度から組踊研修を実施しています。研修期間は3年間で、これまでに第一期から第六期までの計57人が組踊研修を修了し、沖縄伝統芸能の舞台で活躍しています。
 平成23年度からは組踊研修修了生の技芸の向上を図るため既成者研修も実施し、若手伝承者公演(既成者研修発表会)を上演しています。

 第13回となる今年の若手伝承者公演(既成者研修発表会)には、組踊研修修了生26人が出演。立方は第四期修了生から第六期修了生、地方は第三期修了生から第六期修了生までの若く熱い情熱をもった実演家が出演します。
 
 沖縄の伝統芸能、組踊の将来を担う若手伝承者達の舞台をどうぞお楽しみください。

 
【あらすじ】
 早くに夫を亡くした安川の子の妻は、一人息子千代松の養育のため田舎で機織りなどをして生計を立てていた。千代松が、田舎では百姓を、町方では商人の真似をして母を困らせるので、士族の子弟として学問を身に着けさせたいと願う母が、髙嶺村の学校の近くに三度目の引っ越しをしたところ、千代松は勉学に励むようになった。髙嶺村でのつましい生活の中でも千代松は勉強を怠らず、いつしかその姿は慈悲深い領主として名高い豊世松の按司の目にとまり、親子は世の模範として引き立てられるのだった。

玉城流三代目家元襲名十周年記念公演 玉城盛義の会
貸劇場公演 【組踊】 【琉球舞踊】 本公演は終了しました。
日時 2022年10月08日(土)
14:00
入場料 前売券 5,000円(全席指定) / 当日券 6,000円
090-3074-8295(平日11時~18時)シアター・クリエイト

組踊公演 「花売の縁」
自主公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2022年06月25日(土)
14:00
入場料 3,500円 ※発売開始日:5月1日(日)
公演
内容
親子の絆や情愛、山原の美しい自然と人情が描かれた名作・組踊「花売の縁」(作・髙宮城親雲上)を上演します。立方指導に宮城能鳳氏、地謡指導に西江喜春氏を迎え、人間国宝の技能の継承と後継者の育成を図ります。沖縄戦終戦の年、現在のうるま市にある城前小学校校庭の特設舞台において演じられ、観客に感動を与え多くの涙を誘ったことでも有名です。物語のあらすじもさることながら、音楽性においても高く評価されている本作品の魅力をご堪能いただきます。第一部では数多の琉球舞踊の中から「花の舞」と題して、四季折々を彩る花の香り豊かな舞踊の世界を紹介します。

-----------------------------------
『組踊 ・ 琉球舞踊』 公演セット券

6月25日(土)公演「花売の縁」と7月9日(土)公演 琉球舞踊鑑賞会とセット券を販売します!

ぜひ、両公演あわせてお楽しみください。

●発売日
【一 般】令和4年5月 1 日(日)
【友の会】令和4年4月30日(土)

●2公演セット価格
 5,250円(通常料金の25%割引)

-----------------------------------

京都春秋座特別公演「琉球舞踊と組踊」
自主公演 【組踊】 【琉球舞踊】 【沖縄芝居】 本公演は終了しました。
日時 2022年05月22日(日)
14:00
入場料 一般/4500円
公演
内容
琉球王朝時代、王の代替わりの際に中国から訪れる使者・冊封使をもてなすためにうまれた式楽「組踊」(くみおどり)。同じく宮廷でうまれた格式高い作品から、市井の生き生きとした暮らしを描いた作品まで、彩り豊かなラインナップをそろえる琉球舞踊と喜歌劇を、今年も春秋座で披露します。
京都芸術大学舞台芸術研究センター 075-791-9437

富山特別公演「琉球舞踊と組踊」
自主公演 【組踊】 【琉球舞踊】 本公演は終了しました。
日時 2022年03月20日(日)
14:00
入場料 一般:2,500円 高校生以下:300円 ◆一般当日 500円高 高校生以下当日同額
公演
内容
琉球王朝の宮廷から明治以降の市井まで、各時代の背景によりうまれた多様な〈琉球舞踊〉。琉球王の代替わりの際に訪れる中国からの使者・冊封使をもてなすために琉球王朝で創作された、音楽・台詞・所作からなる式楽〈組踊〉。今回の組踊は、組踊の祖・玉城朝薫(たまぐすく・ちょうくん)作「二童敵討」を上演します。無実の罪を着せられ殺された父をもつ兄弟による勇ましくも美しい仇討ち劇をお届けします。琉球が誇る多彩な芸能をお楽しみください。
富山県教育文化会館 076-441-8635

企画公演 新作組踊「真珠道」
自主公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2022年03月12日(土)
14:00
入場料 3,500円 ※発売開始日:2月1日(火)
公演
内容
新作組踊「真珠道」は、2020年に逝去された沖縄初の芥川賞作家、大城立裕氏が最初に創作した5つの新作組踊の一つです。「真玉橋の人柱」伝説を組踊にした本作品は、18世紀を舞台に男女の情愛を描きつつ、組踊に新たな風を送り込んだ新作として再演を重ねてきました。演出・振付に宮城能鳳氏、地方指導に西江喜春氏の2人の人間国宝を迎え、上演いたします。第一部では、各流派会主による熟練した琉球舞踊を心ゆくまでご堪能ください。

-----------------------------------

【大城立裕作品特別セット券」を販売!】

一般発売に先駆けて、2月公演「首里城物語」とのセット券を販売します!
ぜひ、両公演あわせてお楽しみください。

○セット券発売日
一 般:令和4年1月4日(火)
友の会:令和3年12月28日(火)

○対象公演
2月26日(土)・2月27日(日)
歌舞劇「首里城物語」
3月12日(土)
新作組踊「真珠道」

○2公演セット価格
5,250円(通常料金の25%割引)

-----------------------------------

【公演中止】第39回野村流音楽協会組踊地謡研修部自主公演 えにし
貸劇場公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2022年03月06日(日)
13:00
入場料 1,500円
(照屋)090-6861-5486

伝統組踊保存会 定期公演 組踊「手水の縁」
貸劇場公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2022年03月06日(日)
14:00
入場料 前売 3,000円  当日 3,500円
一般社団法人伝統組踊保存会 098-878-2001

【公演中止】琉球舞踊安座間本流 第五回大湾三瑠独演会 究道無限 ~舞と組踊~    
貸劇場公演 【組踊】 【琉球舞踊】 本公演は終了しました。
日時 2022年02月13日(日)
13:00 17:00  ※二回公演
入場料 指定席 5,000円
公演事務局(友利)090-4987-1201(平日10時~18時)

組踊公演「二童敵討」
自主公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2022年02月12日(土)
14:00
入場料 3,500円 ※発売開始日:1月4日(火)
公演
内容
組踊の祖・玉城朝薫の五番の中から仇討物の傑作「二童敵討」を上演いたします。1719年、組踊の歴史は本作品と「執心鐘入」によって始まりました。現在でも大変人気の高い作品です。今回は立方指導に真境名律弘氏、地謡指導に比嘉康春氏を迎え、中堅の実演家達による活気に満ちた見どころあふれる舞台をお楽しみください。第一部では古典舞踊、雑踊の中から選りすぐりの演目を披露いたします。

研究公演「伊祖の子組」
自主公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2022年01月22日(土)
14:00
入場料 3,500円 ※発売開始日:12月1日(火)
公演
内容
継子いじめを背景に、親子の情愛を主題とした組踊「伊祖の子組」を上演いたします。「雪払い」と異名同作され、台本が複数存在するなか、今回は、書写年代と筆者が唯一特定されている八重山博物館所蔵本により、研究公演として御冠船舞台でお楽しみいただきます。

=================================================================

本公演終了後、大劇場にて組踊「伊祖の子組」を振り返るアフタートークを開催いたします。「伊祖の子組」の原案ともされる能「竹雪」との比較や関連について、能・狂言研究家の小田幸子氏、沖縄国際大学講師 我部大和氏、当劇場芸術監督 嘉数道彦、調査養成課長 茂木仁史の3名による鼎談を行います。作品への理解をより深める貴重な機会ですので、是非ご参加ください。

=================================================================

かりゆし芸能公演 玉城流金城清一組踊会 組踊「執心鐘入」
貸劇場公演 【組踊】 本公演は終了しました。
日時 2021年12月17日(金)
19:00
入場料 前売 2,000円 学生 1,000円 当日 500円増
(上原)080-1713-0963

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >>